個人事業主とアルバイトの雇用

個人事業主がアルバイトを雇うかどうかは難しい所だ。
その理由として、人を増やすことが仕事の促進に繋がるのか、はっきりと悟ることができないからである。
もちろん、状況によって異なる話だが、雇ったほうが良いとはっきり分かる場合もある。

例えば飲食店経営では、人の数が圧倒的に足りない場合には雇ったほうが良いだろうし、雇わざるをえない状況とも言える。
ただ、行っている事業が専門的な分野である場合には、注意が必要だ。
作業の負担を軽減する為に、アルバイトを雇うという選択肢は決して間違ってはいない。
しかし、雇った人に仕事の進め方を教える段取りがしっかりと整っているかを確認することが重要だ。
これを怠ると、作業の軽減どころか、雇った人の仕事を入念にチェックする必要が出てくる。そうすると、かえって負担が増えてしまうことにもなりかねない。
判断基準としては、行っている仕事が多くの人にできるものなのかどうかを考える必要があるだろう。
専門的な知識を伴うような仕事であれば、無理をしてでも自分でやった方が早いし、人を雇うなら、その人のスキルに拘る必要がある。
この為、採用時から細かな確認をすることは必須と言える。

忙しいかどうかというよりも、扱っている職種が重要であり、また、どのくらい緊急性のある仕事が多いかにもよると言えるだろう。
アルバイトを雇うのは、当然のことながらメリットを得るためで、自分の事業に利益になるかどうかを検討することが大切だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です